チャルトンの徒然なるままに

自由気ままに…書いていきます…

銀行員が勧める預金よりも75倍儲かる株式投資の考え方と方法

 

 皆さんは、お金 貯めてますか?

 

 

 私は銀行員をしているので、人生のさまざまな節目でお金と向き合う方々と

 お話しさせて頂く機会が多いです。

 

 旅行、自動車、結婚、出産、教育、住宅、老後とさまざまな場面で

 大きなお金が必要になります。

 

 そんなときに備えて、皆さん貯蓄をしてらっしゃいます。

 

 特に貯蓄がうまい人は、天引き貯蓄で無理やり貯める方法をとってたりします。

 貯めるのもいいですが、そのお金でさらにお金を増やしたいとは思いませんか?

 

 そんな方にぜひ読んでいただきたいです。

 

 株式投資に対する考え方と方法についてまとめてみました。

 

 

1.株式投資は、預金の75倍儲かる。

 銀行預金0.02%(メガバンク普通預金金利)、

 日経平均配当利回り1.56%(2017年10月18日現在)

 

 マイナス金利となってからは、もともと少ない銀行の預金金利

 ほとんどないに等しい状況になってしまいました。

 

 それに比べて、企業は高い利益率を上げて、2018年3月期も過去最高益を

 更新しそうです。また、配当額も年々増加傾向にあり、日経平均

 配当利回りは1.56%と預金利息の75倍超となっているのです。

 

 

2.投資(株式・投資信託)とは、

  お金を産み出すシステムを買うこと

 投資は、株や投資信託を通じて、企業を間接的に所有することです。

 企業は、利益を求めて営利活動を行っていますが、一義的には

 オーナーである投資家のために活動しています。

 (もちろん従業員や取引先、社会貢献のためということもあるのでしょうが…)

 

 最近では特にその傾向が強くなっており、配当性向30%を掲げたり、

 自社株買いを積極的に行い、投資家を喜ばせる企業が多くあります。

 投資とは、そうした投資家のために働いてくれる起業の株式等を

 取得することで、お金に産み出すシステムを構築することです。

 

 

3.システムは、見直しや修繕などの

  メンテナンスは必要。

  投資は、お金を産み出すシステムを買うことです。

 システムですので、当然定期的なメンテナンスが必要になります。

 業界動向や世の中の流れを把握して、大きな流れを外さないように

 アンテナを持ち、銘柄の入れ替えや買増し、売り越し等のメンテナンスを

 してあげる必要があります。

 

 ただし、その際に以下の点にご注意ください。

 

  ・株価の上下は、あまり気にしすぎない。

  ・長期目線が大事。

 

 すなわち、お金を産み出すシステムを買ったのだから、そのシステムの

 時価(株価)はあまり気にせず、どれだけお金を産み出すかに重点を

 置くことが大事です。

  

 

4.そうは言っても、株価も下がらないに

  越したことはない。

 経験上、配当額が維持されていれば、株価も相当程度回復します。

 

 例えば、銀行株や商社株などは高い配当利回りで安定配当をしています。

 

 こうした銘柄はストック商売をしているため、資源価格の下落や

 不良債権の増加により、引当コストが表面的に増加し業績悪化となります。

 ただ、実際にはストックを活かして、安定したキャッシュを産み出しているので、

 業績に関わらず配当は減らさないということが多いです。

 

 その場合、業績悪化時に一旦株価を下げますが、配当利回りが高くなるため

 買いが入り、比較的早期に株価が元の水準まで回復しているように感じます。

 

 こうした銘柄をシステムに組み込むことは、安定的にお金を産み出しつつ、

 株価を維持するには重要なポイントになります。

 

 

5.おすすめは米国株。

 米国株(NYダウ)の配当利回りは2.36%(2017年10月18日時点)と

 日経平均1.56%を遥かに上回る水準です。

 

 お金を産み出すという意味では、日経平均よりも適しています。 

 

 また、長期目線でお金を産み出すシステムを買うとはいうものの、

 時価が下がるとやっぱり気になる…という方にもおすすめな米国株です。

 

 下表は、過去35年間のNYダウの推移。

 2001年のITバブル崩壊や2008年のリーマンショックで下落していますが、

 そうした景気後退局面をこなしながら、過去最高値を更新し続けています。

 

 また、米国では、FRBがインフレ率2%を目標に金融政策を行っています。

 株価は、理論上は最低インフレ分の上昇が見込まれますので、

 株価の押上げ要因になります。

 

f:id:matazatw:20171018221534p:plain

出所:ダウ平均株価の推移 - 世界経済のネタ帳

 はてなブックマークをはじめるhttp://b.hatena.ne.jp/register

 

6.為替リスクは存在する。

 米国株をおすすめしていますが、為替変動によるリスクがあります。

 こちらについては、投資信託リスクヘッジをすることが可能です。

 

 それぞれの投資スタンスによりますが、為替ヘッジしたい方は、

 米国株主体の投資信託を購入することをおすすめします。

 

 ちなみに、私は銀行員なので株式投資はできませんので、

 米国株ヘッジなしの投資信託を中心に投資しています。

 

 

7.まとめ

  投資についての考え方と方法についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

  投資に対する考え方を少し変えて、お金を増やすために

  貯蓄から投資へ切り替えていくのはいかがでしょうか?

 

 

 

 

娘の成長とは寂しさである。

こんばんは

チャルトンリサです

 

 

先日、5歳になる娘とマックに行きました。

娘は、大好きなマックシェイクを頼みました。

 

いつも私が『少しちょーだい』というと、『ちょっとならいいよ』と分けてくれます。

 

いつものことなんですが、その日も娘に『少しちょーだい』というと、『ちょっとならいいよ』と分けてくれました。

 

『ありがとう』と言って飲んで返すと、娘は黙って受け取って、真顔でストローを指でサッと拭きました。

 

そのあと、娘は普通に飲み続けたのですが…

 

 

ショックでした…

 

今までは笑いながら拭くことはあったんですが、今回の対応は初めてでした。

 

成長を感じると共に何だか寂しい気持ちになりました。

 

 

諸先輩方に言わせれば、こんなの序の口かもしれませんが、初めてのことで帰って奥さんに話しました。

 

すると、『あんた気にしすぎっ!めんどくさっ。!!』と言われました。

 

 

やっぱり、これって気にしすぎでしょうか…?

 

 

 

ではまた

 

 

明日からまた仕事…

こんばんは

チャルトンリサです。

 

 

 

明日、仕事です。

 

 

 

改めて書いてみると、すごくブルーになりますね・・・

 

 

 

毎週訪れるこの感じ…

なんとかならないもんですかね?

 

 

対策をいろいろ調べてみましたが、あまり効果を感じられません。

 

 

 ただいま23:58

 

 

あぁ、明日が来るのが憂鬱で、またこんな時間まで起きてしまった…

 

また月曜日がやってくる…

 

頑張ろう…

 

おやすみなさい。

 

 

 

ではまた

 

 

 

一日500円生活開始!!

おはようございます
チャルトンリサです



いきなりですが、節約生活をはじめてみます。

というか、最近異動して、残業代がなくなったのでやむを得ずといった感じです。


目標はお小遣い一日500円です。


普段から決まって使うのは、毎日の缶コーヒー2,3本、第3のビール2缶と、週一のマガジンくらい。

あとは飲み会が月に何度かあるくらい

計算するとこんな感じ。

①缶コーヒー 240円/日(1本120円×1日3本×平日20日÷30日)
②週刊マガジン 約40円/日(一冊280円)
③ビール 200円/日(一缶100円)
④飲み会 300円/日(月2回、1回4500円で計算)
合計 780円/日


全然駄目ですね…


そんなに贅沢してるとは思わないですが、一日500円はなかなか厳しいですね!


とりあえず、500円まで下げる方法として…

①缶コーヒーは、一日2本にする。(▲80円)

②マガジンを古本屋で買う。(▲25円)
一冊100円で売ってる。ただ、20:00閉店なので仕事帰りに買えないかも…

③現状維持。
さすがにお酒は無理。既に第3のビールだし、唯一の楽しみなので。

④月1回にする。(▲150円)
不幸中の幸い?今の職場の人と行くのは、楽しくないので減らせそう(笑)

合計780円-80-25-150=525円



少しオーバー…


まぁいいか


これでやってみよう


ちなみに今日の支出は

220円でした。



ではまた

パーソナルモビリティについて

おはようございます
チャルトンリサです

皆さんは、最近話題になりつつあるパーソナルモビリティって知ってますか?

有名どこでは、セグウェイです。

カープファンなので、昔からマスコットが乗り回してるので良く目にしてました。

そんなパーソナルモビリティも進化しているようで、トヨタさんやホンダさんといった自動車大手メーカーも研究してますね。

基本的には一人乗りではありますが、重さは結構あるので持ち運びは出来ないって感じです。



そんななか、今回見つけたのが、Walkcarという持ち運び可能のパーソナルモビリティです。

大きさがノートパソコンくらいの13インチ、重さは2.8㎏と軽量なので鞄に入れて持ち運びができます。

電車で移動した先で乗れたり、駐車場所に困らないとか良いことだらけ

性能は、最高速度16㎞/hと自転車並み、最大航続距離6㎞とやや短い、充電時間1時間で短時間と、言う感じです。

スペックも問題なさそうですね!!

ネックは道路交通法に引っ掛かり、公道を走れないことです。

これから規制緩和が進み公道も走れるようになれば、通勤、通学で使えそうですね。

今後に期待です!!


ではまた

今週のお題『行ってみたい場所』は、海外

今週のお題「行ってみたい場所」

こんばんは
チャルトンリサです

行ってみたい場所は、色々とありますが、まずは三十代にもなって、行ったことのない『海外』に行きたいです。

個人的にはどこでも良いから、とりあえず『海外』って思ってます。

でも奥さんからは、家族もいるので、初めては、海外初心者に優しいハワイにしようと言われてます。

なので、結構なお金を貯めなきゃいけないんですが、全然貯まらず…

むしろ子供が育つにつれて出費が増えて、貯まる所か貯金が減っていってます…


まだ貯金がなくなる前にどこでもいいから『海外』に行くべきか迷ってます。


はてさて、いつになればいけるんでしょうかね??



ではまた

衝撃の弁当(学生時代)

今週のお題「お弁当」

おはようございます
チャルトンリサです


私の心に今も残るお弁当をご紹介します。

15年ほど前の学生時代のことです。
当時、我が家では育ち盛りの男3人分の弁当を毎日、母が作っていました。


3人ともデカイ2段弁当で、一段は白飯で、もう一段はおかずという構成です。

おかずはだいたい、前日夜のおかず+定番メニュー(ソーセージ、卵焼きetc)という感じです。

今思えば、一段全てをおかずでいっぱいにするのもなかなか大変だったと思います。

晩御飯が弁当に入れられるようなものでないときは、母も色々と試行錯誤しているようでした。



そんな試行錯誤の結果、衝撃の弁当が登場したのです。



白飯+焼きそばです!!



いや、炭水化物With炭水化物っていうのも、広島県民ですからお好み焼をおかずに米を食べることになんら違和感はありません。


でも、焼そばはないでしょう?
さすがに焼きそばでご飯は進みません。


しかも、一段全てを焼きそばに占領され、それを友達の前でオープンする幼心がわかりますか?


泣きそうです。


結局、そのときは周りからすごいと賞賛頂きましたが…


帰宅後、母に止めてほしいとお願いしたところ、『嫌なら食べなくていい』と一蹴されました。

厳しい家庭だったのでそれ以上なにも言えず…


その後も学生時代6年間を通じて数回焼きそば弁当が出てきました。

いっそのこと、オール焼きそばだったら良かったのに…と思います。



まぁ、この経験を活かして、自分の子どもにはそれをしないようにしたいと思います。

ではまた