チャルトンの徒然なるままに

自由気ままに…書いていきます…

【税理士試験】2020年受験科目の見直し…法人税のみに…

 

 

 

おはようございます。

チャルトンリサです

 

2020年税理士試験の受験科目を見直します。

 

法人税と事業税の2科目受験を目指していましたが、

法人税1本に絞ることにしました。

 

理由は下記のとおりです。

1.法人税は、必須科目であること

  必須科目なので、早めに取得しておきたい。

 

2.この2か月間法人税を中心に学習してきたこともあり、法人税は授業についていけていること

  必須科目であり、復習などは法人税を中心に実施しているため、比較的理解が進んでいる

 

3.学習時間が確保できない。

  具体的にはこんな感じです。

   平日は、仕事終わり20:00~22:00の2時間
   土曜日は、講義1コマ+復習3時間
   日曜日は、講義2コマ+復習2時間

  法人600時間、事業税200時間を確保するには、これだけでは足りないです。

  また、週末に講義をまとめて受けてしまうので、なかなか定着せず・・・

  やはり、法人税1コマは平日に受講すべきですが、
  仕事もあるため、うまくいきません。

 

4.事業税は、法人税の知識がないと理解が進みづらいこと

  事業税の授業中も、法人税の知識をある程度持っている前提で話が
  進む傾向にあり、自分が理解できていない点もサクサク進むため、
  心が折れてしまう。

  結果的に、理論も計算もどちらも中途半端になってしまう。

 

5.2科目受験に挑戦して、結果的に両方とも不合格になることだけは避けたい。

  税理士試験が長期戦になることは百も承知なのですが、
  それでも年に1科目は合格しないとモチベーションを維持する自信がないです。

 

以上、法人税に1本化する理由です。

 

 

 

今後の学習の進め方ですが、
 事業税については、講義は受講し、計算の学習を行う。理論暗記はしない。
 法人税については、これまで以上に復習、理論暗記に力を入れる。

 

こんな感じでやっていきたいと思います。

 

皆さんはいかがでしょうか?

2020年税理士試験も科目合格に向けてお互いがんばりましょう

 

ではまた