チャルトンの徒然なるままに

自由気ままに…書いていきます…

【理論】提出期限の延長の特例

 

f:id:matazatw:20191103033050j:plain

どうも

チャルトンリサです。

 

本日はこちらです。

 

【理論】

1.提出期限の延長の特例

確定申告書を提出する内国法人が、定款等の定め又は特別の事情により、その事業年度以後の各事業年度終了の日の翌日から2月以内に、その事業年度の決算についての定時総会が招集されない常況にある場合には、納税地の所轄税務署長は、その法人の申請に基づき、その事業年度以後の各事業年度(残余財産の確定の日の属する事業年度を除く)の確定申告の提出期限を1月間(次の場合それぞれの期間)延長することができる。

①会計監査人が置かれている場合で、各事業年度終了の日の翌日から3月以内に定時総会が招集されない常況にあると認められる場合…4月を限度として税務署長が指定する月数の期間

②特別の事情により各事業年度終了の日の翌日から3月以内に定時総会が招集されない常況にあることその他やむを得ない事情があると認められる場合…税務署長が指定する月数の期間

 

以上

 

来週は、実力テストです。

頑張りましょう

 

ではまた